製品ページ、ドキュメントの保存

保存されたページ

保存されたドキュメント

この情報はクッキーに保存されます。ブラウザからクッキーが削除された場合、情報は失われます。

DKSH、Johnson Matthey と総代理店契約を締結 2018-03-23


DKSH、Johnson Matthey と総代理店契約を締結

アジアを中心にマーケットエクスパンションサービスを提供するリーディングカンパニーであるDKSHは、ファインケミカルおよびテクノロジーのグローバルリーダーである Johnson Mattheyと提携し、さまざまな製品を日本で協力して提供いたします。

プレスリリース

DKSH、Johnson Matthey と総代理店契約を締結

アジアを中心にマーケットエクスパンションサービスを提供するリーディングカンパニーであるDKSHは、ファインケミカルおよびテクノロジーのグローバルリーダーである Johnson Mattheyと提携し、さまざまな製品を日本で協力して提供いたします。

チューリッヒ(スイス)、2018 年 3 月 22日 – DKSHの生産資材事業部門医薬品ビジネスライン(以下、医薬品ビジネスライン)は、原料と特殊化学品を販売するほか、マーケットエクスパンションサービスも提供しており、このたび、Johnson Mattheyの先進的で多様な製品ポートフォリオを、日本で独占販売する契約を締結しました。


この契約に基づき、医薬品ビジネスラインは、日本の製薬会社やファインケミカル企業に対して、Johnson Matthey が提供するさまざまな均一系触媒と不均一系触媒の販売を開始します。これらの革新的な触媒を利用することで高速に反応が進行し、効率性、選択性、持続性に優れた処理に最適化されます。

 
Johnson Matthey は 200 年以上にわたり、製品の開発を進め、化学に関する複雑な問題の解決に取り組んできました。専門的な技術力と生産能力でさまざまなツールキットを提供し、化学に関する多様で複雑な問題に対処しています。 


今回は、医薬品ビジネスラインの強固な物流インフラストラクチャおよび、バリューチェーン全体に及ぶマーケットエクスパンションサービスにおける豊富な経験が認められ、Johnson Mattheyの代理店に選ばれました。DKSHジャパンは、150年以上日本に根差したスイス企業として日本文化とその産業に貢献しており、 日本の製薬業界に医薬中間体や医薬品原薬(API)を50年近くにわたって供給してきた中心的役割を果たしています。


DKSHジャパンの生産資材事業部門 医薬品ビジネスライン本部長、石原滋は次のように述べています。「Johnson Mattheyの日本における総代理店となれたことは非常に光栄です。Johnson Mattheyの先進的な触媒は化学処理と製造工程を改善し、コストと製造時の無駄を削減するので、長くお取引いただいている弊社のお客様に多大なメリットを提供できると考えています。Johnson Mattheyとの良好な関係が長く続くことを期待しています」


Johnson Mattheyのゼネラルマネージャーである Gerard Compagnoni 氏は、「日本のことを深く理解し、高い評価を受けている DKSHと提携できたことをうれしく思います。世界をリードする弊社の触媒技術を、日本の製薬業界とファインケミカル業界のお客様にお届けできることを楽しみにしています」 とコメントしています。