製品ページ、ドキュメントの保存

保存されたページ

保存されたドキュメント

この情報はクッキーに保存されます。ブラウザからクッキーが削除された場合、情報は失われます。

DKSH、高級時計メゾンのローラン・フェリエ社と総代理店契約を締結 November 26, 2018


			
				DKSH、高級時計メゾンのローラン・フェリエ社と総代理店契約を締結

DKSHジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:マイケル・ロフラード)は、スイスの高級時計メゾンLAURENT FERRIER 社(以後、ローラン・フェリエ社)と総代理店契約を締結し、2019年1月1日より同社製品の日本での取扱いを開始します。

プレスリリース

DKSH、高級時計メゾンのローラン・フェリエ社と総代理店契約を締結

DKSHジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:マイケル・ロフラード)は、スイスの高級時計メゾンLAURENT FERRIER 社(以後、ローラン・フェリエ社)と総代理店契約を締結し、2019年1月1日より同社製品の日本での取扱いを開始します。

スイス・ジュネーブにアトリエを構えるローラン・フェリエ社は2010年にローラン・フェリエ氏によって創設され、「creatively classic(往年の機械式時計からインスピレーションを得て、現代の最新技術でマスターピースを創作)」を実践する一切の妥協のないクオリティーで、高品質・小ロットのマスターピースを制作しています。自身初のコレクションを2010年にバーゼルワールドで発表すると時計業界の注目を集め、現在も世界中の機械式腕時計ファンから高い人気を獲得しています。

 

ローラン・フェリエ社のCEOヴァネッサ・モネステル氏は次のようにコメントしています。「DKSHジャパンと仕事をすることを非常に楽しみにしています。このパートナーシップは、ローラン・フェリエ社がその美を日本の時計愛好家と分かち合うのに役立つと信じています。」

 

また、DKSHジャパンの代表取締役社長マイケル・ロフラードは次のように述べています。「今回、ローラン・フェリエ社と日本総代理店契約を締結することができ、大変嬉しく思っています。弊社の国内外での長年の経験を生かして、日本の時計愛好家に、ローラン・フェリエ社の製品を紹介し、ローラン・フェリエ社の日本でのビジネスに貢献していきたいと思います。」