製品ページ、ドキュメントの保存

保存されたページ

保存されたドキュメント

この情報はクッキーに保存されます。ブラウザからクッキーが削除された場合、情報は失われます。

DKSHジャパン、「テレワーク・デイズ2019」に参加 July 05, 2019


			
				DKSHジャパン、「テレワーク・デイズ2019」に参加

DKSHジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:マイケル・ロフラード)は、「テレワーク・デイズ2019」に参加致します。

プレスリリース

DKSHジャパン、「テレワーク・デイズ2019」に参加

DKSHジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:マイケル・ロフラード)は、「テレワーク・デイズ2019」に参加致します。

「テレワーク・デイズ」は、2020年の東京オリンピック開催に向け、総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府が東京都及び関係団体と連携し、2017年より実施する取り組みです。3回目となる今年は、7月22日~9月6日の期間を実施期間とし、全国で3,000団体、のべ60万人以上の参加を目標としています。

 

DKSHジャパンでは、初の参加となる今年は、東京オリンピックの開会式の日にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」と定め、オフィスに出勤せずに、自宅やその他の場所で仕事をするテレワークや、オフィスに出勤して短時間勤務を行うフレックス制度の利用を推奨いたします。

 

DKSHジャパンでは、マイケル・ロフラード社長の指揮の下、社員のワークライフバランス向上を目指して、フレックス制度の利用や毎月最終金曜日の15時退社を推奨する「プレミアムフライデー」の実施など、さまざまな取り組みを行っています。また、ロフラード社長は、ヨーロッパの慣習である長期休暇の取得も、従業員に推奨しています。

 

DKSHジャパンは、今後も積極的に多様な働き方を推進して参ります。